普通の風俗に飽きたマニアが集う風俗の体験談…

客観的に見ると心配だけど

最近の風俗、特にデリヘルは大丈夫なのかな?と心配してしまいます。高級デリヘルなども登場し高いと思われがちですが、よくよく考えてみると真逆だといえるでしょう。最近のデリヘルは若い子が多く、学生や主婦などの素人も数多く存在します。またサービス内容も店の数だけ存在するほどに増え、わずかなプラスだけでかなり趣味的なサービスを受けることができるのです。昔は風俗というと、プロばかりでコンパニオンの絶対数が足りませんでした。風俗の種類や店舗がそう多くありませんでしたので、当然といえば当然なのですが、現在はデリヘルの数の多さとそこで働く人の数を考えるとかなりの人数になります。なにが言いたいかというと、風俗的なサービスを行うように見えない女性が、あのような金額でサービスをイケメン、おっさん関係なく平等に行ってくれる。店側やコンパニオンの立場にたってみると大丈夫か?と思えてしまうのです。ですが自分は客側ですので、素直にラッキーな時代だと思い楽しむことにしています。

まさに男の夢、高級デリヘル

平均的年収の自分は、定期的に風俗で遊ぶのではなく、ボーナス時期に高級デリヘルを利用することにしています。確かに最近のデリヘルは通常店であっても探せばレベルの高い女の子がいます。ですが高級デリヘルはその中でも別格であり、私のような庶民にとっては高嶺の花のような女性が揃っているのです。ミスキャンパスに選ばれるような女性から、CAや受付嬢のような容姿を重要視される職業。それらは高級デリヘルにおいては「当たり前」のクラスで、モデルの卵や芸能人、AV女優など雑誌やDVDでしか見ることのできない女性に実際に会うことが可能なのです。しかもデリヘルですから、会うだけでなくプレイすることができます。会話するだけでなく触れること、生の目で裸をみることができるのですからそれだけでも価値はあるのです。まさに至福のときを過ごせるのですから、大枚をはたいても惜しくはないのです。年に2回の風俗が楽しみですが、それを楽しみに仕事にもがんばれるのです。

投稿日:2017年12月7日